鹿児島弁は九州弁で1番レベルの高い方言ですが、面白いです。

スポンサーリンク
九州弁

九州弁の中でも特に面白い方言があるので是非見てみてください。

熊本弁の詳細はコチラ

長崎弁の詳細はコチラ

宮崎弁の詳細はコチラ

佐賀弁の詳細はコチラ

大分弁の詳細はコチラ

鹿児島弁の詳細はコチラ

博多弁から九州弁まで方言をのせています。
面白い表現もたくさんあるので見てみて下さーい。
スポンサーリンク

 鹿児島弁ってそもそも何!?

鹿児島弁は主に鹿児島県の薩摩地方と大隈地方、宮崎県南西部、及び屋久島・種子島・トカラ列島等で使われている方言を総称したものです。

かつては同じ薩摩方言であっても北部(薩摩川内市等)と南部(枕崎市等)では言葉が通じないほどの差異がありましたが。

現代では標準語の影響もあり、大きな括りで同じ特徴を持った鹿児島県の多くで使われている特徴のある言葉が鹿児島弁と呼ばれています。

有名な鹿児島弁をランキングで紹介!標準語訳付き

1位:「きばる」

2位:「よかにせ」

3位:「やっせん」

それでは解説行きましょう。

1位:「きばる」

「頑張る」や「踏ん張る」と言った意味で使います。
応援やメッセージなどでも使われており有名です。

1位「今日はきばったね」→「今日は頑張ったね」
2位「明日はきばれよ」→「明日は頑張れよ」
3位「あとちょっときばらんや」→「あとちょっと頑張りなよ」

2位「よかにせ」

所謂「イケメン」のことです。
鹿児島では割と有名なので、女子高生など若者でも使ったりします。

1位「よかにせがおったど」→「イケメンがいたよ」
2位「あん人んげぇん子はよかにせやね」→「あの人の家の子は美少年だね」
3位「よかにせが来た~」→「いい男がきた~」

3位:「やっせん」

「だめ」という意味で使います。
「悪い」や「弱い」のようなニュアンスもあるので、「んぼ」を付け足すと「やっせんぼ=弱い子・臆病な子」のような意味になり、泣き虫や意気地なしの子どもなどに対して親が冗談交じりで使うことがあります。

1位「これはもうやっせんね」→「これはもうだめだね」
2位「やっせんかったね」→「だめだったね」
3位「やっせんぼやね」→「意気地なしな子だね」

文頭につけて使う鹿児島弁ランキング!標準語訳付き

1位:「まこち(まっこち)」

2位:「しったい」

3位:「そげん」

それでは解説行きましょう。

1位:「まこち(まっこち)」

「本当に」という意味です。強調するときなどの文頭でよく使います。
応用としては、呆れたときなどに標準語で「はぁ…ほんっとに…」と言うような状況のとき、鹿児島では「はあ…まっこち…」と言ったりします。

1位「まこちはえね~」→「本当に早いね~」
2位「まっこちいて!」→「本っ当に痛い!」
3位「まこち見たか?」→「本当に見たか?」

2位:「しったい」

「もの凄く」「全然」「すっかり」のように、いい意味の場合でも悪い意味の場合でも「最大級」のようなニュアンスで使います。
仕事にヘトヘトの父や母がよく使っていたのを思い出します。

1位「しったいだれた~」→「もの凄い疲れた~」
2位「しったいいかんかった」→「全然だめだった」
3位「しったいあっがきた」→「すっかり飽きがきた」

3位:「そげん」

「そう」「そんな」「そのような」といった意味で使います。

1位「そげんこつゆな」→「そんなことを言うな」
2位「そげんやっど」→「そう(その通り)だよ」
3位「そげんつえとや?」→「そんなに強いの?」

語尾につけて使う鹿児島弁ランキング!!標準語訳も

1位:「~が」

2位:「~け」

3位:「~ど」

それでは解説行きましょう。

1位:「~が」

相手を誘うときや、「~しよう」といった促すようなニュアンスで鹿児島人が頻繁に使う語尾です。

1位「テレビ見るが」→「テレビ見よう」
2位「もう寝るが」→「もう寝よう」
3位「今日はもうやめとくが」→「今日はもうやめておこう」

2位:「~け」

「だっけ」という意味です。
ときどき「~かな?」というような確認するニュアンスの使い方もします。

1位「こうやったけ?」→「こうだったっけ?」
2位「家来るのけー?」→「家来るんだっけー?」
3位「あの子も食べるのけ」→「あの子も食べるのかな」

3位:「~ど」

「~よ」や「~だよ」のような語尾として使います。
「するよ」「しよう」のように促す使い方もできたりと応用がきくので、頻繁に使います。

1位「やっど」→「そうだよ」
2位「明日いっど」→「明日行くよ」
3位「はよすっど」→「早くしよう」

マニアックでかわった鹿児島弁ランキング!!標準語訳あり

1位:「ぎ」

2位:「あんべ」

3位:「なんかかる」

それでは解説行きましょう。

1位:「ぎ」

「文句」という意味で使います。

鹿児島弁は単語を一文字で表す大胆な方言が多いです!

1位「ぎをゆな」→「文句を言うな」
2位「ぎばっかい」→「文句ばっかり」
3位「ぎがうけど」→「文句が多いよ」

2位:「あんべ」

「体調」や「具合」といった意味で使います。

若い子はそれほど使わないのですが、祖父母や親の世代(50代以上の方)と話すときなどによく出てくる言葉です。

1位「あんべがわり」→「具合が悪い」
2位「あんべはどうね?」→「体調はどう?」
3位「今日はあんべがよか」→「今日は体調が良い」

3位:「なんかかる」

寄りかかること、体を預ける状態のことを言う言葉です。
鹿児島の人に「なんかかって」と言われても、「何か買って」と言われているわけじゃないんですよ。

1位「壁になんかかってるから」→「壁に寄りかかってるから」
2位「肩になんかからんや」→「肩に寄りかかりなよ」
3位「椅子になんかかっていいよ」→「椅子に寄りかかっていいよ」

よく使う鹿児島弁ランキング!!標準語訳あり

1位:「わっぜ(わっぜー・わっぜか)」

2位:「~が」

3位:「だれた」

それでは解説行きましょう。

1位:「わっぜ(わっぜー・わっぜか)」

「とても」や「かなり」などのように強調するときに使う言葉です。
鹿児島の田舎で生まれ育った若者は「わっぜ」をとてもよく使います。

1位「わっぜ凄いよ」→「めっちゃすごいよ」
2位「わっぜかね」→「すごいね」
3位「わっぜー!」→「すげえ!」

2位:「~が」

相手を誘うときに語尾に「が」を付けます。
当たり前のように、日常的に使います。人と喋るとき、必ず一回は無意識のうちに使っているかも。

1位「あそこ行くが」→「あそこ行こう」
2位「一緒にするが」→「一緒にしよう」
3位「ご飯食べるが」→「ご飯食べよう」

3位:「だれた」

「疲れた」という意味です。
そんなに疲れてなくても言ってしまうくらい言いやすくて、何故だかつい口癖のように頻繁に使ってしまいがちな単語です。

1位「もうだれた~」→「もう疲れた~」
2位「だれちょわんか?」→「疲れてないか?」
3位「だれちょるね」→「疲れてるね」

珍しい鹿児島弁ランキング!!標準語訳あり

1位:「びんた」

2位:「むぜ」

3位:「もへ」

それでは解説行きましょう。

1位:「びんた」

「頭」のことです。
一体どうして「びんた=頭」なのか、鹿児島人でもわかりません。
お隣県など方言が近い県でもこれは全く言わないようです。

1位「びんたがいて」→「頭が痛い」
2位「びんたがわり」→「頭が悪い」
3位「びんたんけ」→「頭の毛(髪の毛)」

2位:「むぜ」

「かわいい」という意味です。
鹿児島の年配の方々は常識のように乱用する言葉ですが、一歩鹿児島から出てしまうとこれもなかなか通じない単語です。

1位「むぜね~」→「かわいいね~」
2位「むぜか子やったど」→「かわいい子だったよ」
3位「むぜがね」→「かわいいよね」

3位:「もへ」

「もう」という意味で使います。
こちらも年配の方々の間で使われる言葉です。
字面は近いのですが、これが意外と珍しいようです。

1位「もへ来たと?」→「もう来たの?」
2位「もへでけたとね」→「もうできたのね」
3位「もへいっとか」→「もう行くのか」

タイトルとURLをコピーしました