梅の名所「梅林寺」(ばいりんじ)筑後川のほとりに400年前の1621年創建に福岡県久留米藩主有馬家

スポンサーリンク
梅林寺 福岡の神社・寺

梅林寺
福岡県久留米市にある梅林寺は、梅の名所として有名。
久留米藩主の国の指定重要文化財に指定3000坪

スポンサーリンク

梅林寺電話番号アクセスと時間詳細場所

梅林寺

●場所:福岡県久留米市京町209

●電話番号:0942-32-2565

●営業時間: 散策自由

●定休日:なし

●喫煙:喫煙所のみ可

●子連れ:可(多目的トイレにオムツ交換台あり。授乳室なし)

●駐車場:あり(寺の前には2台ほどのスペースしかありませんが、観梅の時期には、筑後川の河
川敷に駐車スペースが設けられます。)

●アクセス: [電車・バスの場合]
JR鹿児島本線「JR久留米駅」、または西鉄天神大牟田線「西鉄久留米駅」で下車する。
JR/西鉄「久留米駅」より(40)番利用、「梅林寺」バス停下車
または、JR久留米駅から徒歩5分

[自動車の場合]
九州自動車道久留米I.Cより車で約20分

梅林寺御朱印

梅林寺でも御朱印の受付しています。

梅林寺ティーハウス

梅林寺の外苑のたくさんの梅が植えられている憩いの場の中にある梅林寺ティーハウス。

梅林寺

営業時間:10時~16時
メニュー
名物ぜんざい350円

ドリンク

お紅茶350円
幸せコーヒー250円
甘酒250円
アイスコーヒー300円(夏期限定)
ココア梅苑250円
リンゴジュース250円
オレンジジュース250円
セット
ケーキセット(梅まつりの時のみ)500円

等があります。

梅林寺

寒さ厳しい2月でも、この梅林寺の敷地内にある外苑の梅が満開を迎える頃には、観梅を楽しむ参拝客で賑わい、春の訪れを感じさせます。そのため、梅林寺という名前の由来は、梅の木が多く植林されているからだと思っている方もいるかもしれません。

恥ずかしながら私は、長年そう思っていました。

しかし、本当の由来は、久留米を治めていた有馬藩の有馬則賴公の戒名「梅林寺院」にちなんでつけられ、有馬藩の菩提寺となりました。

●梅林寺の由来
梅林寺は、江南山梅林寺、または梅林禅寺と言われ、臨済宗妙心寺派の由緒ある古いお寺です。九州を代表する禅の修行道場としても知られています。

久留米初代藩主の有馬豊氏が、丹波国(現在の京都府北西部)福知山から転封されることに伴い、現在の地に瑞巌寺を移したものです。

当初は、大龍寺と名付けられていましたが、豊氏の父である則賴の墓を播磨国(現在の兵庫県南西部)三木郡の天正寺から移設し、霊廟を建立しました。

その際の法名である梅林寺院殿にちなんで、梅林寺という名前が付けられました。本尊は、如意輪観音です。

●有馬家霊屋
梅林寺には、墓石である五輪塔を治めた納塔廟2棟と、位牌を納めた位牌廟の3棟から構成されています。
納塔廟2棟は、藩祖の則賴(梅林院)と則賴室、則賴娘の五輪塔が安置された「梅林院霊屋」、初代藩主の豊氏(春林院)と豊氏室、忠賴、賴旨の五輪塔安置されている「春林院霊屋」があります。

位牌廟の3棟は、豊氏の位牌を納めた「春林院位牌廟」、豊氏の正室で、徳川家康の養女連姫(長壽院)が亡くなって建立された「長壽院位牌廟」があり、位牌廟の扉や鬼側には三つ葉葵悶が付いていて、徳川家関係者の霊廟であることが分かります。

残りの1つが、有馬家霊屋の中で、最後に建てられた「瓊林院位牌廟」で、2代忠賴の位牌を祀っています。
この納塔廟2棟と位牌廟の3棟は、『有馬家霊屋 五棟』として平成30年(2018)12月に国の重要文化財に指定されました。

●梅林寺外苑の梅

梅林寺 梅
本白梅・紅梅・枝垂梅など約30種類の梅があり、約500本植林されていて、2月中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。

外苑の中には、「梅苑」という小さな喫茶店があります。観梅しながら、ぜんざいやケーキ、コーヒーや抹茶など、軽食を楽しむことができる他、久留米絣やお菓子など、久留米の特産品も販売されています。

梅林寺修行

梅林寺

●座禅体験や曝涼展
久留米市では、毎年10月から11月かけて、「久留米まち旅博覧会」という、市民による手作りの体験プログラムが、開催されています。2019年で15回目となり、久留米市やその近郊の地域の特色を活かしたプログラムが、約80もあります。

その中で梅林寺では、今まで座禅体験や曝涼展が行われてきました。日頃入ることのできない本堂で座禅を体験したり、貴重な仏画や屏風などを拝観できます。

※プログラムの数やプログラムの内容は、年によって変更があるので、詳しくは「久留米まち旅博覧会」のホームページをご覧ください。https://www.kurume-machihaku.com/

梅林寺

 

タイトルとURLをコピーしました