櫛田神社(くしだ)日本一のおたふくさん。博多山笠でも有名な西暦757年より歴史のある博多神社

スポンサーリンク
櫛田神社正面 福岡の神社・寺

757年に始まりとされ祭神は三神で正面入り口から
正殿、左殿、右殿に神が祭られ天井には十二支が描かれている。

日本一の大きな『おたふくの面』が入り口に設置され、人がくぐれるほどの大きな口があります。
2月の節分のひな祭りも賑わう櫛田神社。
7月には博多祇園山笠の本番の日の朝山櫛田入りに使用される。

 

場所:福岡市博多区上川端町1-41-

電話番号:092-291-2951(問い合わせ・予約)
博多歴史館
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日と年末年始(月曜祝日の場合翌日が定休日に代わります。)
駐車場 参拝者30分無料・10台ほど

料金:大人300円・高大生200円・小中学生150円
支払い方法:カード不可・現金

 

 

櫛田神社

櫛田神社(くしだ)

櫛田神社(くしだ)

 

 

博多山笠の本番でも使用される櫛田神社(くしだ)

博多山笠でも1番大きい飾り山が飾られています。

一般の担ぐ舁き山(かきやま)とは別に、飾って鑑賞用の特大の山が一つだけ作られます。

それが唯一の飾り山です。

サイズは10メートルから15メートルです。

これも担いで走るわけですから、圧巻です。

櫛田神社(くしだ)飾り山

裏口は、

キャナルシティ博多

博多座に続く川端商店街

通りの道にそのまま出ます。

まっすぐ行けばキャナルシティに続くエスカレータ

櫛田神社(くしだ)うらぐち

2階に上がればキャナルシティ博多に続く通路に出ます。

キャナルシティエスカレーター通路

右に行けばそのまま川端商店街です。

櫛田神社(くしだ)裏口から川端

裏口すぐには福岡、大宰府で有名な梅が枝もちも売っています。櫛田神社(くしだ)裏口

左に2本道があり。右側がキャナル正面がキャナルに続くエレベーター

雨の日はみんなここから上がります。

左は路地に店がいくつか並んでいます。

櫛田くしだ神社裏口

川端商店街の詳細はコチラ

 

タイトルとURLをコピーしました